看護部長のご挨拶

看護部の紹介

看護部長 森山佳子

看護部長 森山佳子
~急性期から在宅まで一貫した看護を学べる職場~

私は当院で働く看護師が、自分自身が患者や患者の家族ならどんな看護を受けたいと思うかを考え、常に患者さんとそのご家族に寄り添える看護師であって欲しいと思っています。

 当院は地域医療を担う白岡市唯一の総合病院で、急性期から慢性期、回復期、そして在宅に至る一人ひとりの患者さんの経過に長く寄り添える体制を整えています。

 患者さんとそのご家族が地域で安心して過ごせるように、急性期から退院後の生活まで一貫した看護を学べる職場で一緒に成長できる仲間を募集しています。

看護部基本方針

(1)安全で安心できる質の高い看護を提供します。
(2)患者さま・ご家族へ十分な情報提供と同意を行います。
(3)いのちの尊厳と人権を守り心のこもった看護を提供します。
(4)外来から入院・社会復帰までチーム医療を推進し継続看護の充実を図ります。
(5)看護の専門職としてキャリア開発に努めます。
(6)病院の健全経営に積極的に参加します。

「地域密着型」看護を提供しています。

埼玉県白岡市唯一の総合病院として、地域に無くてはならない病院としての使命を持ち、
「急性期から在宅まで」しっかり患者さんの目線に立ちながら、医療や看護を提供しています。
患者様に寄り添い、入院から在宅までしっかり私達の手で見守りたい、それができる病院です。

「ワークライフバランス」を大切にしています。

女性が多い職場であることから、働きやすい職場作りを心掛けています。
休日は毎月約10日、有給取得率は70%程で、自分の時間を有効に使うことができます。
子育て支援も整っており、時短や夜勤免除等を利用しながら長く務めている職員も多くいます。

ゆっくり成長できる環境を心掛けています。

新人教育は、看護師としての大事なスタート、この先を左右するかもしれない繊細な部分も持ち合わせているものです。そのため、私たちは新人さん個々に合った指導がいくように、常に考え悩み対応しています。当院の新人教育は、1年間をベースに一人立ちに向け支援体制を敷いています。